1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
2008/8/31
親子木工教室に750人、“夢中”になりました
 8月は子供たちが夏休みです。組合では、子供たちに物作りの楽しさを感じてもらおうと、親子木工教室を8月2日、3日、17日、31日と県下各地で開催し、750人の親子連れが参加して賑わいました。                              開催したのは、板野、鳴門、勝浦、石井、鴨島、川島、山川、阿波、阿北、美馬の10支部が行いました。組合の仲間からアドバイスをもらいながら、本立て、イス、鳥小屋、ポストなど、親子が夢中になって時間内には作品を仕上げていました。
2008/7/1
“無料”組合健診がスタート
 組合健診が始まります。この健診は組合員さんとその家族の方が受診しやすいように夜間や地域の病院と提携し実施しています。
 また、今年度から特定検診も始まり、腹囲などメタボリックシンドロームに着目した検査項目も追加されています。ぜひ、この機会に検診を受けて下さい。
◇対象者は16歳〜74歳までの建設国保加入者
◇受診には受診券、保険証、問診票、検便容器が必要
◇自己負担なし、(注)各種オプション検査は除く
◇支部で決められた契約病院で受診
◇日時、契約病院は支部ニュース、または支部事務所で確認してください
2008/6/10
第31回「住宅デー」はじまる
 6月8日(日)西支部住宅デーは、10会10会場で行われ、組合参加者は91人、来場者は291人でした。当日は、包丁725本、はさみなど163本、まな板80枚、網戸張り替えも行いました。来場した市民は「ボランティアで包丁を研いでくれ最近の世知がない世の中なのに頭が下がります」と話していました。
 同じく北支部「住宅デー」も、午後1時〜3時30分まで、組合本部、松茂、とびうおスイミング、応神の4会場でが開催されました。4会場では、包丁307本、はさみ19本、網戸張り(本部のみ)9枚でした。第31回住宅デーは6月、8月、11月に18支部すべてで実施、計画。住宅デーを通じて「地元の仕事は地元の建設職人へ」とアピールしています。