1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58
2009/2/18
仕事確保で17市町に緊急自治体交渉
 緊急雇用対策交付金が県下市町村へ交付されるにあたり、組合では仲間の仕事確保の要求を17市町に緊急に申入れしました。
徳島市内協議会は2月4日、荒木副委員長ら6人が、仕事不足で困っている仲間の実態を訴え、建設職人の仕事を増やしてほしいと申し入れを行いました。市の課長は「家具の転倒防止は検討したい」との回答でした。2月6日板野支部は、笠井支部長ら8人が北島町、藍住町、板野町、上板町と交渉を行いました。藍住町では、耐震金物、火災報知機設置は、板野支部に相談したいと回答。板野町では町長から「小規模工事は、登録を建労でまとめてくれれば仕事があれば出しやすい」との返答でした。
2009/2/1
住宅点検の要員606人を募集
 国土交通省より「長期優良住宅推進の技術基盤強化事業」という仕事確保の事業が提起され、徳島建労としても積極的に取り組むことになりました。組合員への募集要項は次のとおりです。
@内容  組合員606人が2人1組で2軒以上の住宅を訪問して住宅点検を行い、施主からアンケートを回収する。要請人数の半数は大工の仲間とする。
A期間  2月22日(日)〜3月1日(火)の間で訪問
B行動費  日当や施主への謝礼もあり
C申込みとお問い合せ  希望する仲間は支部事務所まで連絡して下さい。定員になりしだい締切とします。また事前の説明会も開きますので参加してください。
2009/1/10
本部委員会で「春の運動方針を確認」
 組合では、1月10日に建労会館で「2009年本部委員会」を開き133人が参加し大会までの運動を確認しました。         今春の主な運動は、@税金対策の強化 消費税がらみの調査もあり、税金説明会・記入会を重視。春には「消費税増税反対宣伝」に取り組みます。A組織の拡大 春にも拡大月間に取り組み年間目標の達成をめざします。B春の一斉宣伝行動 3月15日を中心に地域で大宣伝行動に取り組み徳島建労をアピールします。C財政納入率の向上 仕事不足が続く中、仲間の実態をつかみ納入率向上を強化します。D建設国保の課題 後期高齢者制度、特定健診・保健指導など国保組合も負担増に。仲間の健康を守るために健康診断による早期発見・早期治療の広報活動を強化します。