1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56
2009/5/10
第32回住宅デー県下ではじまる
「地域の仕事は地域の建設職人へ」と第32回住宅デーが始まりました。5月10日は北支部が建労会館駐車場で開催。今回は、包丁研ぎ、網戸張替えの他に、健康相談、防災講座、フリーマーケット、丸太切り大会、グランドゴルフなど楽しい初の企画で行いました。
 同じく小松島支部も毎年恒例の市主催「みなとフェスタ」に参加して、住宅デ―の一環として無料包丁研ぎと住宅相談を開催。包丁研ぎには延べ四七人、合計一四六本の包丁、ハサミを研ぎ、「これで一年間は切れるので大変助かります」と話してくれ、大いに地域ボランティアに貢献した一日でした。
2009/5/2
4月、5月に17支部が消費税増税反対の宣伝
 政府は二年後に消費税増税を強行しようとしています。組合では、消費税増税はこれ以上の景気悪化とくらし破壊は許せないと、四月、五月には17支部202人の仲間が参加して、街宣、チラシ配布、署名など消費税増税反対の地域宣伝行動に取り組みました。
 南支部は五月二日、徳島市大松川橋上の国道で組合員と書記ら34人が、消費税増税反対のプラスター宣伝を行いました。支部税対部長の高田さんは、信号待ちで停まる車に、「増税反対の宣伝しています」と言ってポケットティシュをドライバーに配布。「消費税増税は弱い者いじめ、みんなの力で阻止したい」と話していました。
2009/4/15
国土・厚生副大臣に三役が要請
 国土交通省・厚生労働省に地方の声を聞いてもらいたいとの思いで4月15日に、徳島建労より笠木委員長、青木副委員長、工藤書記長ら三役が、国土交通省では金子副大臣が対応してくれました。金子副大臣は「わが家のリフォームのすすめ」のパンフを多くの組合員に知らせて活用をと答弁がありました。
 その後、岡本内閣府大臣政務官にも会い「経済財政、地方再生の担当ということで各地方が頑張れるようにしていきたい」と話していました。厚生労働省では、大村厚生労働副大臣に会い建設国保の育成・強化と医療制度の一元化はしないでほしい。特定健診への国庫負担の要請をしました。