1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56
2009/4/15
国土・厚生副大臣に三役が要請
 国土交通省・厚生労働省に地方の声を聞いてもらいたいとの思いで4月15日に、徳島建労より笠木委員長、青木副委員長、工藤書記長ら三役が、国土交通省では金子副大臣が対応してくれました。金子副大臣は「わが家のリフォームのすすめ」のパンフを多くの組合員に知らせて活用をと答弁がありました。
 その後、岡本内閣府大臣政務官にも会い「経済財政、地方再生の担当ということで各地方が頑張れるようにしていきたい」と話していました。厚生労働省では、大村厚生労働副大臣に会い建設国保の育成・強化と医療制度の一元化はしないでほしい。特定健診への国庫負担の要請をしました。
2009/4/16
川島支部目標達成! 春の拡大が終了 
 春の拡大月間が4月15日で終了しました。板野支部では2ケタ以上の拡大を、西支部では254件の仲間を訪問、また労災加入を始め多くの共済利用が増えた月間となりました。そしてこの厳しい月間の中で、川島支部では年間拡大目標を達成することができました。                          県下全体の結果として、拡大数65人となり、参加人数合計616人、参加班数合計144班と、昨年の春を大きく上回る行動となっています。1ヶ月の間、ご協力いただいた役員、班長、仲間のみなさんにお礼を申し上げます。そして引き続き組合の運動にご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。【本部組織部】
2009/3/17
阿波市協議会が「普及啓発賞」
 三月十七日、県庁にて徳島県木造住宅推進協議会が主催する平成二十年徳島県安心耐震コンクールにおいて、阿波市協議会が普及啓発賞(知事賞)に輝き徳島県知事より表彰されました。
表彰のきっかけは、平成十九年十二月に阿波市協議会がボランティア活動として取り組んだ家具転倒防止金具取り付け奉仕活動でした。阿波市協議会からは、多くの仲間の参加で吉野町54件、土成町56件、市場町71件、阿波町85件、阿波町85件を取り付けました。阿波市も金具代を補助し小笠原市長からも感謝状と記念品をいただきました。今回、知事表彰と盾をいただき今後の組合活動の励みとなると、協議会の仲間は話しています。