1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
2012/3/13
県内住宅企業13社へ申し入れ
西岡委員長をはじめ15人が5班に分かれ、積水ハウス、タマホームなど県内住宅企業13社に対し、後継者育成、アスベスト対策など17項目の要請を行いました。
 どの企業も現場に若い職人さんがいないことに危機感を持っており「やはり賃金アップが必要(渡辺不動産)」等の意見が出されました。
 政府が進めようとしている消費税増税で住宅着工が大きく落ち込む「住宅業界として政府に増税反対を要請した(ダイワハウス)」と景気悪化を懸念していることが話されました。
2012/1/23
 消費税増税は許さないと1月22日(日)徳島市では122人が駅前での宣伝、署名、増税の賛否を問う模擬投票、デモ行進とプラスター宣伝を実施。西部では145人の仲間が各支部で一斉の街頭宣伝、チラシ配布を行い、行動後は全員が川島庁舎横の192号線に並びプラスター宣伝を行った。
 組合では仲間の仕事と暮らしを守るためにも政府がすすめる10%への大増税は許さないと運動を大きく広げていく。
2012/3/13
アスベスト対策「早めに組合に相談を」
組合ではアスベスト対策を進めており、職業性疾患・疫学リサーチセンターの水嶋医師を招き個別相談会と講演会を開催しました。
相談で「軽い塵肺」を指摘される仲間も目立ち、16人が塵肺管理区分申請、健康管理手帳の申請をしていくことになり、現在準備中です。
 水嶋医師は「建設の仲間はアスベスト被害のハイリスク集団」と話しており、対策を進めるためにも早めに組合へ相談をしてください。